「八色スイカ祭り 八色スイカ食べ放題in新潟魚沼」を詳しく解説!

イベント激アツ度★★★★★

JA魚沼南の「アグリパーク八色」構内で行われる八色スイカ食べ放題500円!これはいくっきゃないっしょ!

食べ放題の後は、安い直売もやってるのでお土産に八色スイカをどうぞ♪地方発送してます。

開催期間2018.7.25〜2018.8.10

開催時間9:00〜17:00(食べ放題は16時頃オーダーストップ)

問い合わせ先「大和観光協会」025-777-3054(八色スイカは、流通数も多くなく、ブランド維持の為厳正な検査の必要性から、販売・食べ放題を一時休止する場合があらます。遠くからお越しの場合は、問い合わせが無難です。)
会場直通 臨時電話025-777-3960(スイカまつり期間中のみ電話に出れない場合もあります。)

交通アクセス

JR上越線浦佐駅より車で15分

関越自動車道小出インターチェンジより車で15分

ETC搭載車は大和スマートインターチェンジより車で2分

生産数の少なさから、東京などでは高値になってしまう八色スイカ。その八色スイカを産地価格で買えるのがアグリパーク八色。
新潟県南魚沼市八色原(やいろはら)は、スイカの生産に適した水はけのよい黒色火山灰土の土壌が広がっている。
八海山をはじめ、越後三山に周囲を囲まれた盆地であるために、昼夜の寒暖の差が大きいことがこの地区の特徴です。よく新潟県の天気予報を見るとあり得ない程の高温を記録していますよね。

よってこの地区で生産されるスイカは、昼間は夏の日差しによりあたためられ、気温が下がる夜になると冷やされます。
この「土壌と寒暖の差」という地理的条件が重なり、「糖度が高くてシャリシャリ」とした特徴のある歯ざわりのよい八色産スイカになるという訳です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 結婚式場の新潟モノリスのキャンドルイベント 「キラメキナイトミュージアム」

  2. 「八色スイカ食べ放題」行ってきたよ♪ アグリパーク八色

  3. 大光銀行新本店オープニングセレモニー

  4. 新潟市三越内「ガトウ専科 7&27 FREE」(2018.6.1OPEN)

  5. Bier Bar Ferkel(ビアバーフェルケル) 2018.6.27open〈古町・ビアバー〉

  6. 新潟市親松排水機場カード(レア!?)を配布中♪

  7. 五十公野公園 あやめ祭り

  8. 第32回粟島島開き

  9. 三条に公立の大学が誕生「三条技能創造大学」

  10. 加茂川の鯉のぼり

  11. 岐阜県のお土産は何がある?

  12. 【2019.4.27newopen】のび〜るチーズドッグのお店「TIK DOG(ティッグドッグ)」が新潟市のBILLBOARD PLACE (ビルボードプレイス)にやってくる。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。